アコーディオン取り扱い上の注意

      

  

アコーディオンに1台に使用されているパーツは、他の楽器よりもだいぶ多く、その数およそ2000個ともいわれています。まさに精密機械のような楽器です。

 

湿気とホコリは大敵

これは他の楽器でもそうですね。アコーディオンは内部の構造が複雑なので、一度これらが付着してしまうと掃除や修理にかなりの手間がかかります。中のリードと鍵盤を支える芯棒がサビやすいです。普段から注意しましょう。

 

潮風、塩分も大敵

アコーディオンは常に外部と内部を空気が行き来します。海辺などで弾いた後は(なかなか無いでしょうが)、必ず内部の塩分を含んだ空気を入れ替えてください。内部に塩分が残っていると、こちらも金属部のサビの原因となり、ピッチが狂う原因となります。

 

万が一雨に濡れてしまったら?

すぐに乾いた布でよく水分を拭いて、全体を十分に乾かしてからケースにしまってください。

  

直射日光、車内での長時間放置は良くない

とても頑丈そうに見えるアコーディオンですが、リードプレートをウッドブロックに並べて付着させているのは、「ろうと松やに」の混合物です。それが熱気で溶けると、既定の位置からズレ落ちてしまいます。

イタリアツアー3日目_191222_0174 (2)

  

寒冷期はOK?

リードは特殊な鋼、リードプレートはアルミですので、冬になるとその収縮率が違うところから、リードを押さえ付けてしまうことがあります。

これはウォームアップで少し弾きならすことで徐々に体温で温められ解消しますのでご安心を。リードを抑える笛皮という部分も寒さで固まることがありますが、同じように少し温めることで柔らかくなります。

※温めると言っても、ストーブなどで直接温めてはダメですよ~! たまに修理品で、ボディの角が溶けたものを見かけることがあります(笑)

  

蛇腹の開閉は必ず、どこかしらの鍵盤を押さえながら

初めて試奏される方で、いきなり思いっきり蛇腹だけ引っ張っちゃう方がいらっしゃいますが、コレ、とっても良くないです!蛇腹が傷む原因となります。

アコーディオンは、ボタンや鍵盤を抑えることで、中のリードへ空気を送る「窓が開く」仕組みなのです。つまり、どこも抑えない状態の時は、どこからも空気が漏れない状態に作られているのです。

そんな状態で無理やり蛇腹を引っ張ったら・・・どこかしらの「抑えられるべき窓」がきちんと閉じずに半開きになったり、蛇腹の空気漏れが起こったりします。

  

音を出しながらでないと、蛇腹を閉められないの?

音を出さずに蛇腹を閉じたい時、ありますよね(演奏の前後とかケースにしまう前とか)。

アコーディオンには必ず「空気ボタン」というのが付いています。

(だいたい左手側にあり、構えた時の親指に近い位置に設計されています。側面にあったり、ベースボタンの位置だったりと、機種によって厳密な場所は違います)

これを押さえながらでしたら、音を出さずに蛇腹の開閉をすることができます。

  

  

アコーディオン取り扱いの注意② 運搬時、天地無用

  

アコーディオンは、1台の中に細か~いパーツがた~くさん組み込まれておりますので、運搬する時の振動には注意が必要です。

特にベース部分なのですが、1つパーツがズレると、他のパーツも連動してズレ落ちて行ってしまうという現象が起こります。

画像1

アコーディオンを宅配で送る際は、必ず↑この写真のように、鍵盤が上↑になるように梱包してくださいね!!

  

画像2

さもないと、↑このようにベースボタンが陥没して、修理するのが大変になってしまいます・・・!うわぁ・・・恐ろしい。。

  

画像3

アコーディオンのベース部分は、このように大変複雑な作りになっておりまして、輸送中の僅かな振動と重力、その時の上下方向によっては芯棒というパーツがズレてしまいます。

1個ズレると、他の部分も連動して落ちてしまうので写真のような状態になってしまい、とてもやっかいです。直すのにも時間がかかります。

これが原因で修理納期が遅れたり、余計な費用を取られては残念ですからね、知っておいて損はない知識です。

  

ご自宅からメンテナンスなどで楽器店へ宅配便で送る際は、向きに気を付けて梱包し、さらに配送の方にも「精密な楽器なのでこちら側を上にしてください!」「絶対に天地無用でお願いします!」と、念を押すと良いでしょう。

※天地無用シールなど配送の方の目につくステッカーがある方は、ご使用されるといいと思います。

  

ご自身の演奏前にも、会場まででアコーディオンを運ぶという方は注意が必要です。車のトランクの構造上、胸当て側を下にして置いてはいませんか?

演奏会当日、会場に着いていざ演奏しようと思ったら「今日は左手ボタンが陥没して使えません!」なんてことにならないよう(笑、えませんが)運搬時の上下向きにはご注意ください。

   

  

 

アコーディオンの修理 その前に

   

  

アコーディオンは何を基準に、どんな機種を買えばいいのか?値段の相場は?