Profile

  

このサイトについて 

「アコーディオン横丁」は、アコーディオン好きな楽器店員島田が書いたブログや、SNSなどの活動記録を集めたウェブサイトです。

 

ここまでの経緯

サイト開設当初(2017年)は一般のアコーディオン愛好家目線でブログを書いておりましたが、谷口楽器に入社後(2019年~)は色々な種類のアコーディオンに触れる機会が格段に増えたことにより、ブログ内容をカテゴリーごとにまとめて書くようになりました。

  

そのうちにブログを読んでくださる方が増えていき、その情報を見て実際店に足を運んでくださる方も徐々に増えてきました。ツイッターフォロワー数700人を超えたあたりから、「自分もアコーディオンネットワークを広げたい」「こういうサイトがあったらいいなと思う!」というようにご意見をくださる方々と会う機会が増えていきました。

 

今後の横丁の野望

思い切ってこのサイトを個人的なブログサイトから、アコーディオンについての情報まとめサイトへと方向性を軌道修正することにしました(2021年)!

  

コンセプト

横丁という名の通り「人と人との交流の場となる場所」「ディープで不思議な場所」「あの場所に行ったら何か楽しい時間を過ごせそうだな」と思ってもらえる空間をウェブ上で表現できたらいいな~と願いを込めながら、日々サイトを更新中です。

  

今はまだ区画整備の段階ですが、アコーディオンに興味のある方に少しでも楽しんでいただけたら幸いです。今後は仲間たちと協力しながら、色々なカテゴリーのコラムや情報ページを増やしていこうと思っておりますので、気長に更新をお待ちくださいませ。

  

サイト名の由来

アコーディオン横丁という名前の由来は、島田が横丁の雰囲気やお酒が好きだからというのもあるのですが、「個性的な魅力あるお店がひしめき合う通り道」というイメージが、なんだかアコーディオンの音楽に似てるなぁと思ったので名づけました。

同じ通りにあるんだけどみんな違う個性を持ったお店が並ぶ場所、表通りではなくちょっと見つけづらい所にあるという感じが、アコーディオン奏者たちの内気でちょっと変わり者な性格にも似ているなーと思います。

中身が複雑で一見しただけではその構造がわからない点や、同じ楽器なのに奏者やメーカーによってもみんな違う個性が出る点、サーカスや大道芸の音楽から、演歌シャンソン、ジャズ、クラシックまで、とても幅広いジャンルで活躍する多様性、

そんなところもなんだか似ている気がします。

ということでけっこう気に入ってるネーミングです。

   

   

   

管理人Profile

島田 彩乃 
千葉県我孫子市出身。猫と酒と音楽が好き。昭和62年生まれ。 
蛇腹(アコーディオン)に魅了されて早8年。「アコーディオンの良さをもっともっと広めたい」という熱意と勢いで2017年にHPを立ち上げる。2019年冬より、アコーディオン専門店に勤務。

  

【アコーディオンとの出会い】

25歳の時に観たライブでの、アコーディオンの生演奏に衝撃を受け、アコーディオンを習い始める。

中小企業サラリーマンを計7年間、ややブラックだったが、がむしゃらに働いてアコーディオン購入費用を貯める。

その後、結婚式場でのブライダル演奏や現場経験を積み、自分の実力の無さを知る。

30歳で都内のライブハウスに入社。ライブ制作などの仕事を経験し、音楽の現場のノウハウを勉強。朝から晩までプロミュージシャンの良質な音楽を聴きまくる日々を送る。

  

2年後の2019年11月、ご縁あって御茶ノ水のアコーディオン専門に就職が決まる!(10年に一度くらいしか採用がないらしい。一生の運を使い果たしたんではないかと思う。)

大好きなアコーディオンや同じフリーリード楽器のハーモニカ、コンサーティーナなどに囲まれて働く毎日を送っている。最近は日々の経験や学んだことを情報発信していこうと試行錯誤中。

  

経験楽器:アコーディオン、トランペット、コルネット、フリューゲルホルン、フレンチホルン、エレクトーン

    

自己紹介note

自己紹介|アコーディオン横丁|note

はじめまして!アコーディオン大好き楽器店員の、アコーディオン横丁です。25歳の時にアコーディオンに出会い、その演奏に衝撃を受けたとともに即レッスンに通い始め、7年間ほど趣味としての演奏を楽しんできました。そんな私が2019年の冬、ご縁あって、老舗アコーディオン専門店「谷口楽器」に入社することになりました! …