エキセルシァーの型番について~300番台と400番台の違い

エキセルシァーの型番

エキセルシァーの型番は940や311など、3ケタ(時には4ケタ)の数字で分けられています。これは100番ごとに大体のスペックが振り分けられているのですが、全てを網羅した一覧表のようなものが現状ないので・・、パンフレットや現存する機種を手がかりに、その都度わかったことを少しずつ記録に残していきたいと思います。

EXCELSIOR 315とEXCELSIOR 415の比較

画像1

【中古】 Excelsior 315|アコーディオン横丁|note

【中古】 Excelsior 315 ≪中型≫41鍵120ベース 重量:10kg MMMLリード スイッチ右9左3 かつてのベストセラーモデル、扱いやすさで定評のあるエクセルシァー315です。   40年程前のものと思われ全体的に使用感はありますが、左右共にリードの鳴りは大変良いです。 エキセルシァー特有のソフトな耳にやさしい音色は健在で、小ぶりながらもびっくりするくらいパワフルな弾き心地。まだまだ活躍できるエキセルシァーです。

画像2

【中古】Excelsior 415|アコーディオン横丁|note

【中古】Excelsior 415 ≪中型≫41鍵(F〜A)120ベース MMMLリード スイッチ鍵盤部9ベース部3 41鍵盤120ベース、MMMLリードの機種です。マスタースイッチが3つ付いているので実質7種類の音色が選択できます。 関連記事 …

EXCELSIOR 315(↑黒い方)とEXCELSIOR 415(↑白い方)のように、鍵盤数やリード数などに違いはないのに値段が異なるという機種が存在します。(同じ41鍵120ベースMMML4枚リード。スイッチ数も同じ。)これはどういった点が違うのでしょうか? (ボディの色はどちらも白黒両方存在します。)

これは、使われている素材や中身の構造の面で、415よりも315の方が全体的にクオリティが高いものとなっています。

 

具体的には、

・鍵盤は315がパールシェル素材に対し、415はプラスチック素材
・鍵盤の組み方は、315が鉄芯を通して鍵盤全体を支える造りに対して、415は鍵盤ひとつひとつにバネが付いている造り
→315は鍵盤ごとにバラつきが生じにくく安定した弾き心地になります。
→415はバネの個体差や劣化によって、バラつき弾き心地に差が出るなどの症状が生まれやすいです。

こういった理由から、415よりも315の方が値段は高額になっているかと思われます。(現行品は315で、415は現在廃番になっています。) 一の位や十の位の数字が微妙に違うものがあるのは、廃番になって別の番号が割り当てられた機種です。(例:415→417)

  

エキセルシァーは、昭和の時代にほとんどの愛好家が所有していたブランドで、当時は谷口楽器も色々なスペックのものを日本からオーダーしていたそうです。時は流れ今はもう廃番になってしまった型番もたくさんあります。

出逢う楽器は一期一会って感じで、全く同じ型番やデザインの楽器を見る機会の方が少ないです。エキセルシァーだけ色々記録していったブログも少ないと思いますので、勤務している間に出逢った機種は記録に残していきたいなーと思っています。

では、また!