アコーディオンベルトの話②自分で穴を開ける場合

アコーディオンのベルトですが、イタリアなど海外で生産されている製品がほとんどなので、日本人の体型には少し長すぎる場合があります。アコーディオンが大型になってくるとベルトも分厚いタイプ(幅広)を装着した方が安定するのですが、ベルト穴を一番短い穴に調整しても足りない!ブカブカという事態に・・・(私はなりました)。

もう1つ、穴があったらなぁ・・・

と思ったので、自分で穴開けます!

  

使った器具はこちら。

高儀 GISUKE 取替式ポンチセット ポンチ用下敷き付 No.1

高儀 GISUKE 取替式ポンチセット ポンチ用下敷き付 No.1

 

画像4

トンカチで叩くタイプのやつは金具が通るギリギリ(クッション性あるところ)まで穴開けられました。(※下に硬い板をひいてから打ってください。)

ついでにすき間の所もたくさん穴開けといて、服の厚みなどで微妙に長さを変えたい時も調節できるようにしてみました。

カッターやキリを使って力づくで穴開けるのは難しかったです・・・。ベルトはアコーディオンを支えるためにかなり丈夫にできていますから。

   

   

↓このタイプのものでもできなくないのですが、かなり腕の力が必要でした。できたらトンカチで叩くタイプの方がオススメです。楽にキレイに穴が開きます。

SUNDRY ロータリーレザーパンチ 穴あけ直径2.0-4.5㎜(6段階) RLP-6

SUNDRY ロータリーレザーパンチ 穴あけ直径2.0-4.5㎜(6段階) RLP-6

   

     

⇩こちらがオススメ

高儀 GISUKE 取替式ポンチセット ポンチ用下敷き付 No.1

高儀 GISUKE 取替式ポンチセット ポンチ用下敷き付 No.1

  

参考になれば幸いです!

では、また!